2
September

Simmoシェイプ/Livewire 中村光貴ライディング映像

Simmoオーストラリアのチームライダー、Jay Phillipsがビーチブレイクのスモールウェーブでのハイパフォーマンスを追求して創りだされたこのモデル。

しかし、スモールウェーブといってもオーストラリアでのコンディションなので、日本に比べパワーやサイズがある時をターゲットとして開発されえているので、今回のこの映像時のような台風スウェルの頭前後のコンディションでもまったく問題なく乗れてますね。

・チームライダー中村光貴使用サイズ

5'9"× 18 1/8"×2 1/8" Squash Tail

・中村光貴サーフボードレポート

サイズがハラからオーバーヘッドくらいのサイズの時によく使用します。
オンショア、オフショア共に調子がよく波が速いときや、掘れていると本領を発揮します!

ボードも軽く全体のボリュームがそこまで大きくないことから、シャープな板の返しが可能です!

ロッカーは強すぎず、板の走りが良いので、リップなどのアクションのあと、ワンターンで次のアクションに繋げます。

ショートボード本来の動きをしたいときに乗りたいボードのひとつです!


コンペ思考サーファーのビーチブレイク用ボードとしてお勧めです!

是非お試しください。

http://www.honkart.com/2010/zburh/simmo/simmo-v/livewire.php

中村光貴使用ボード
Jay Phillips/Simmoオーストラリアチームライダー