11
November

次世代サーフボードPROJECTION FLEX / Simmoシェイプ

 
Daiライディング映像
 
 

ZBURH・SIMMOサーフボードのオーストラリアシェイパーであるSimon Thomson(Simmo-)が研究し開発した次世代サーフボード、PROJECTION FLEXシステムについての詳細を報告します。

このシステムの製法は以前にも述べたように、通常のPUウレタンフォームのノーストリンガーブランクスにカーボンが織り込まれたクロスを特殊な方法で網状にラミネートして作り出されている新しいシステムのサーフボードです。
この製法で作り出されたボードは、ノーストリンガーフォームの強いしなりとカーボンの強い強度とが、しなりと元に戻る力を生み出しこの二つの力の作用がマッチしターン時に今までに無い物凄いスピードを得られることが特徴です。
あと、通常のウレタンフォームとレジンを使用し作り出されるため、EPSとエポキシ樹脂で作られたボードなどの浮力感の違いを感じることなく、現在自分が乗っているサーフボードと同じサイズ、イメージで乗れるため乗り換えた時の違和感が無く乗れることも特徴となっています。

そして先日に来日していたSimmoは、様々な日本のコンディションを見てサーフィンして自分自身で日本の波を体感し、このPROJECTION FLEXが日本のコンディションにマッチするベストなモデルを選び出しましたので、今回ご紹介させてもらいます。

PROJECTION FLEX対応モデル
・Q-1
Simmoシェイプのなかで一番ロッカーが弱いレギュラータイプのサーフボード。
サイズはレギュラーボードと同じサイジングでOKです。

・Vector
レギュラーボードとミニショートボードの中間的なアベレージサイズのパフォーマンスショートボード。レギュラーボードよりも2インチ短く、1/4"インチ幅を広くしたオーダーがベスト。

・MULE (RECESS)
このボードはSimmoが昨年来日した時に日本のコンディションを楽しく乗りこなすために考えデザインされたモデル。レギュラーボードより3インチ短く、3/4"インチ幅を広くしたオーダーがベスト。

・Kicking MULE
MULE (RECESS)よりもパフォーマンス性能をアップさせるために改良されたデザイン。スピード性能をアップするためレギュラーボードよりも弱いロッカーと少し厚めなレールボリュームに、少しカーブの強いアウトラインとなっている。レギュラーボードよりも2インチ短く、1/2インチ広めにするオーダーがのがベスト。

この4モデルがPROJECTION FLEX対応モデルとなっています。日本でのスモールウェーブコンディションでも独特なしなりからのスピード性能とパフォーマンス性能をぜひ体験してみてください!
これで他のサーファーにもスモールウェーブで差をつけられること間違い無しですね。
http://www.honkart.com/2010/news/news/projection-flex-simmo.php