18
April

カスタムオーダー

ZBURHサーフボードシェイパー森井誠一(Morii)は、長年のシェイプキャリアから様々なデザインのボード(ショート、ロング、ミドルレンジ、クラシックなど)をシェイプできる知識を持った、湘南でも数少ないシェイパーの一人です。
全ての工程をハンドシェイプにこだわり、多くのテンプレートから創り出されるボードはお客様のカスタムオーダーにも絶大なる信頼を得ています。

先日そんなカスタムオーダーがあり、ボードが仕上がってきました。
その一本(写真右)は、最近トレンドとなっているミニシモンズ。このボードは2年前に東北エリアのチームライダー佐々木先生とのテストライドを済ませていて、シェイプのクウォリティーはもちろん乗り心地の全てにおいて良い結果を得ているデザインでした。今回はZBURHサーフボードのモデルにはラインナップしていないのですが、お客様より要望が入りこのように仕上がってきました。
カラーもお洒落なクラシックラミネートでデッキ面がティントカラーのマジェンタピンクのフリーラップ、ボトム面はピグメントカラーのホワイトでの仕上がり。
フィンもウッドのキールフィンを使用したオンフィンとこだわりある一本と仕上がりました。

 
 

そしてもう一本(写真左)のラウンドノーズ、QuadFin設定のボードは、カスタムいただいたお客様からの要望、「フィッシュテールでフィンはQuad,ビーチブレイクの膝から頭サイズでめちゃくちゃスピードが出てクイックに動くボードがほしい!」とのことから、このような特徴あるダブルピンフィッシュテールとQuadFin設定、幅広いコンディションでも対応できるよう長さは6'0"とやや長めにし、ロッカーも通常のフィッシュボードとは違い全体的にやや強めし、パフォーマンス性能もアップさせた仕上がりとなってきました。

 
 

このようにZBURHサーフボードではあらゆる要望のカスタムオーダーにも絶対なる自信でボードを創り上げます。
ぜひ皆さんも自分だけの世界に一本だけのボードをオーダーしてみてはいかがでしょうか!?