23
February

東北からのカスタムオーダー

東北エリア
東北エリア
東北エリア
東北エリア
東北エリア
先日に仕上がったこのボードはMoriiシェイプの6'8"。

先日に仕上がったこのボードはMoriiシェイプの6'8"。このボードのオーダーは東北エリアでのテストを行ってくれている、チームライダー佐々木清治(先生)さんからのカスタムオーダー。

今回のオーダーに関する要望はこんな内容からスタートしました。

「ご無沙汰でした。乗れば乗るほど調子がよい5'11"ですが、この前送った画像のサイズではやはりきつかったです。これまでの台風シーズンは(短い板ながら)かなり無理しての角でしたが、ローカルたるもの涼しい顔でアウトピークからテイクオフ。と言うわけで(がまんしてました)オーダーします。幅、厚さはお任せ。テールはラウンドピンですか?(お任せ) 使用条件等は波はリーフ、ボトム硬く、パワーあり。頭半以上〜トリプルくらいで使用予定。ドロップだけではなくカービングやマニューバーを意識したい。」

その後、数回のミーティングをシェイパー森井さんと行い、細かな部分(数値、ロッカー、アウトラインなど)を決定し、シェイプに取り掛かることとなりました。

そして出来上がったボードがこの1本です。受け取ったあとには「送られてきた板やはりスーパーグレイトです。アウトラインや全体の様子、片手に抱えたときの(たなごころ)感じなど、まるでずーっと使ってきたもののようなニュアンスを感じました。やはり森井さん”間違いございません”ありがとうございます。しばらく「養生」させます。まずは連絡まで。」とのコメントをいただき、かなりの高評価をいただきました。

このような形でカスタムオーダーにも1本1本しっかりとミーティングを行い、オーダーいただいたお客様に満足して乗っていただけるボード創りを心がけています。東北エリアでZBURHサーフボードのオーダーに興味がある方は、チームライダーである佐々木先生に相談してみると、良いアドバイスがもらえるはずですよ。そして、必ず調子の良いボードをお創りします

しかし、まだまだ寒いこの東北エリアは雪解け水が入り込み現在の水温8℃弱ほどとの事。当然ドライ+グローブは必須で、この水温からは「もう無理」から始まり3回目のドルフィンで吐き気をもようし一瞬気が遠くなる脱力感を感じるほどだと、言っている状況のなかサーフィンをしている東北サーファーの方は本当に尊敬できますね。われわれの居る関東エリアも寒いといいながらも東北に比べればまったく問題ないくらいですね。見習ってこの冬を乗り切りたいと思います。

本当にいつもありがとうございます!