15
June

ボンガ・パーキンス優勝!

Bonga Perkins - Photo:ASP JAPAN
今月から新しくチームに加わった石川剛(Carl Schaperシェイプ使用)- Photo:ASP JAPAN
辻嶋司はラウンド2敗退の悔しい結果 - Photo:ASP JAPAN

先週末に千葉県の太東ポイントで行われたASP Japan TourのロングボードLQS 2スターイベントにてBonga Perkinsが見事に優勝しました。

初日のラウンド1では、7ポイントと8ポイントのハイスコアをたたき出し、続く次のラウンドでは8.5ポイントのウェーブハイスコアをメイクするなど、他のサーファーを圧倒する強さを見せた。

2日目の最終日でも安定した強さをみせ、ファイナルヒートではケビン・コネリーとの大接戦に見事に勝ち、去年に引き続き2年連続の優勝を飾ることができた。

その他には今月から新しくチームに加わった石川剛(Carl Schaperシェイプ使用)がなんとセミファイナルまで勝ち進むことができたが、このヒートでボンガとの戦いに敗れてしまった。

しかし、日本人最高位の4位とすばらしい結果となったのではないでしょうか。

そして、辻嶋司はラウンド2敗退の悔しい結果となってしまいましたが、この悔しさを次に繋げ、次回の活躍に期待しています。

Carl Schaperシェイプのボードで活躍する選手が増えてきているこの結果は、日本のコンディションでも調子がいいことを実証してくれていますね。

それから、Moriiシェイプのボードを使用している秋本祥平プロもクウォーターファイナルまで進出する活躍をみせ、最近のJPSAコンテストでも優勝するなどの調子の良さをアピールしていますね。

各選手の活躍に今後も期待しています!