21
April

NEWモデルのテストボード「M・シリーズ」

 
 


湘南、辻堂にある「ラグーンサーフマート」のオーナー、太田孝プロと、持って好、乗っても良の、「M・シリーズ」のNewモデルを開発中です。太田プロは80年代にJPSAツアーで活躍した湘南のプロサーファー、ビーチブレイクを得意とするグーフィーフッターで、今でも毎日辻堂海岸で自己のサーフィンに磨きをかけているベテランサーファー。

その太田プロと思案中のテストボードが仕上がってきました。


このボードはプレーンハル(ボトムのセンターからテールにかけて浅い溝)が特徴であり、そのハルの特性である優れたドライブ性能を残し、ハルでは扱いが難しかったボードの切り替えしなどを改善し、操作性能を活かし、マッシー(力の弱い波面)な斜面でもスピードをロスしない性能を兼ね備えたスペックでシェイプ開発中です。


もちろん見た目もクラシックな雰囲気を残し、モダンな乗り心地を追求しています。


テストライド後の詳しい情報は後日報告します。


手に持って好、波に乗っても良の「M・シリーズ」ニューモデルにご期待ください。

「M・シリーズ」の情報はこちらからどうぞ!
↓↓↓
http://www.honkart.com/2010/zburh/m-series/