10
September

小林直海「JPSAショートボード第5戦」で5位入賞

Copyright(c) JPSA
Copyright(c) JPSA
Copyright(c) JPSA

JPSAショートボード第5戦「第19回I.S.U茨城サーフィンクラシックさわかみ杯」でチームライダー小林直海が大健闘の5位入賞を果たしました!

コンテスト会場となった茨城県大洗磯場ポイントはビーチとリーフが混ざるとても癖のある波質のポイントで、大会の初日から最終日までの3日間アタマ前後のサイズで見ごたえのあるコンディションで大会は進行されていました。

チームライダーの小林は初日のラウンド1と2を順調に勝ち上がり、2日目のトップシード選手が出番となるラウンド3でも10.65ポイントの2位でラウンドアップ。

次のラウンド4では2日目で一番目立った選手として評価の高かったフロントサイドカービングとリップアクションのコンビネーションサーフィンで7.00ポイント、バックサイドの2発連続リッピングで7.80ポイントとトータルスコア14.80ポイントのハイスコアでQuaterFinalにラウンドアップに進出。

最終日QuaterFinalヒート1では同じ地元で先輩の河村海沙に惜しくも負けてしまい5位でフィニッシュ。

ラウンド4でのトータルスコア14.80ポイントは大会を通して一番のハイスコアとなり、すばらしいサーフィンを披露してくれたと思います。

使用ボードはやっぱりこのコンディションで最高のパフォーマンスを引き出してくれるMoriiシェイプ「ZENITH」を使用。とてもすばらしい結果を残してくれました。

今週末からは千葉県南房総市の千歳ポイントでASPプロジュニアツアー「MINAMI BOSO JUNIOR PRO」が開催され小林もエントリーする予定となっていますので今大会でも活躍してくれることを期待しましょう!

「ZENITH」ライディング映像 小林直海: