3
December

Granger Larsen 3位/ ASP PRIME O'Neill World Cup

Granger Larsen - Photo:ASP
一番右がグレンジャー(イエロー)- Photo:ASP
Final Heat - Raoni Monteiro (14.37) def Julian Wilson (14.20), Granger Larsen (12.47), Josh Kerr (11.66)
Semi finals - Heat 2 - Granger Larsen (15.90) def Raoni Monteiro (15.20), Mick Fanning (13.50), John John Florence (5.53)

今日ファイナルデーをむかえたVans Triple Crown of Surfing第2戦目のO'Neill World Cupにて、チームSchaperのGranger Larsenがなんと3位となった!

グレンジャーは第1戦目で5位となった勢いそのままに、サンセットビーチで行われた今大会でもワールドツアーのトップ選手タジ・バローやミック・ファニングなどを破るなど好調さをアピールし危なげなくファイナル進出を果たした。

そしてファイナルでは中盤戦でそのヒートのハイスコア8.0ポイントをメイクし優勝への期待も大きくかかったが、2本目をまとめることができず、ラオニ・モンテロ(ブラジル)、ジュリアン・ウィルソン(オーストラリア)に次ぐ3位という結果に終わってしまった。(4位:ジョシュ・カー(オーストラリア))

これでワールドランキングでのポイントも高得点を獲得することができたが、今現在のランキングは40位となり、ワールドツアー入りまであと一歩の状況となった。

しかし、今年は残すところ最終戦のBillabong Pipe Mastersの1戦となり、この大会にはワールドツアー選手と数名のシード選手しかエントリーできないため、グレンジャーのエントリーは難しいかもしれない。

そうなると来年のワールドツアー入りはちょっと難しい状況かもしれません。

今後も彼の活躍に期待しましょう!