18
June

2015ニューモデル・V-シリーズ「POP」ライディング動画・小林直海

2015年V-シリーズ/Moriiシェイプのニューモデルとしてデビューした「POP」のチームライダー小林直海のWSL/QS1000xJPSA四国でのコンテスト中でのライディング動画です。

アベレージサイズからマッシーなコンディションに対応したシェイプデザインのこのモデル、チームライダーの小林はスモールウェーブのハイパフォーマンスボードとして使用していて、先週末に終了した四国で行われたWSL/QS1000xJPSAのコンテストも基本的にスモールコンディションとなったので小林はこのモデルを使用してコンテストに挑みました。

結果的にはラウンド3を僅差の3位敗退となりましたがバックアップポイントがまとめられず悔しい結果となりましたが、全体的にスピードあるいいライディングも披露しハイスコアもメイクしていました。

試合前のフリーサーフィンではぶっちぎりのサーフィンで現場にいるコンテストスタッフからは直海が優勝するかもなどの声も上がっていたくらいのサーフィンをしていたみたいです。

他メーカーのシェイパーさんも直海のボードをチェックするくらいボードが走ってたみたいです!

アベレージでよくあるコンディションでのコンテスト中でのライディング動画なので、コンペサーファーの方には参考になると思いますので是非チェックしてみてください。

小林直海使用ボードサイズ:5'8 1/2" x 19" x 2 5/16"

ボード特設ページ http://www.honkart.com/2010/zburh/morii/pop.php

9
May

grassgrenn × ZBURH Surfboards Family Cup 2015

 

ZBURHサーフボード専門店「grassgreen SURF GARAGE」様主催のファミリーカップが2015年6月28日(日)、静岡県浜松市タコ場海岸で開催が決定しました。

このコンテストには毎年全国のZBURHディーラー様から多くの方に参加してもらっています。もちろんZBURHユーザーの方ならどなたでもエントリー可能ですのでご参加お待ちしております!

そして今年は新たにオルタナティブクラスも設けてあります。このクラスはZBURHサーフボード、M-シリーズモデルのサーフボードのみでの参加可能となっていて、当日は試乗ボードもご用意いたしますのでそのボードを使っての参加も可能です。
このクラスのファイナルヒートはくじ引きにて乗るボードを決定するなど参加する選手やギャラリーも楽しめるクラスになると思います。

すでに通常のクラスとこのクラスでのダブルエントリーしますとの声も多く聞いています。

是非こちらのクラスも参加してみてくださいね。

日時:2015年6月28日(日)
場所:凧場
時間:5:30集合、6:30スタート
エントリー費:\3,500(ggsg/THMコラボTシャツ込/ダブルエントリーも同額です)
エントリー期間:6月25日(木)
クラス:ショートスペシャル、ショートオープンA、ショートオープンB、ロング、オルタナティブ

大会情報は、以下からダウンロードできます。

  大会情報←ここをクリック!!

エントリー用紙は、以下からダウンロードできます。

  エントリー用紙←ここをクリック!!


当日はZBURHサーフボード2015年NewModelの試乗もできますよ。
ご参加お待ちしております!

24
December

2014ニューモデル・M-シリーズ「MIGHTY MOUSE」ライディング動画・中村光貴

 
 
 
 

2014年ニューモデルとしてデビューしたM-シリーズのクラシックラインモデル「MIGHTY MOUSE」。
このクラシックシリーズのなかでもパフォーマンス性が高いシェイプデザイン。
ショートボードから乗り換えても満足できる性能を持ち、ショートボーダーのセカンドボードとしても多くのオーダーをいただいております。
チームライダー中村光貴によるクラシックスタイルのスピード感あるフローなスタイル、カービング中心のアクションサーフィンを是非ご覧ください。

 

使用ボードデータ
サイズ:5'7"x20"x2 1/2"
フィン設定:Quad

 
 
9
December

2014ニューモデル・U-シリーズ/「AROUND FORTY」ライディング動画・中村光貴

 
 

2014年ニューモデル、U-シリーズ「AROUND FORTY」、チームライダー中村光貴によるライディング動画。その名の通り、アラフォー世代の大人サーファーをターゲットにしたモデルです。

週末や休日などサーフィンする日が限定され、最近、少し体力的に厳しくなりパドルがきつくなったと感じたり、体重が増え今まで乗っていたボードでは小波に乗るのが厳しくなったと感じたり、若いサーファーに波取りが負けてしまうと痛感している、アラフォー世代の大人サーファーの方達に是非乗っていただきたいモデルです。

ショートレングス設定でワイドベースのアウトラインとローロッカーデザインのシェイプが、イージーパドル、イージーテイクオフを可能にした優れたスピード性能を実現。今まで以上に波に乗れてサーフィンを楽しむことができるようになるはずです。

でも、ワイドなアウトラインでローロッカーのボードって動き(パフォーマンス性能)が悪いと思っている方も多いと思います。しかし、そこは森井シェイプのすごいところで、一通りのアクションがしっかりとできるように、ダブルウィングラウンドテールとデッキコンケーブ、浅いコンケーブからのVeeボトムデザインの絶妙な組み合わせのシェイプデザインで、満足していただけるだけのパフォーマンス性能も充分に兼ね備えています!

身長165cm、体重62kgのチームライダー中村が使用していたボードサイズは、5'8"x20 1/2"x2 5/16"と普段使用しているパフォーマンスボードよりもかなりオーバーフローとなっていますが、あまり変わらないパフォーマンスサーフィンも披露してくれていますので、動きの部分の性能もご理解いただけるかと思います。

 
 
 

NSA2級保持者の上級者サーファーの方の小波用パフォーマンスボードとしてのオーダーやマスタークラスのサーファーのメインボードとしてなど、もちろん20代サーファーの方達からも多数オーダーもいただいておりますので、アラフォー世代以外のサーファーの方にもお勧めできますよ。

 
 
 
 

優れたスピード性能と見た目とは違ったパフォーマンスサーフィンを是非チェックしてみてください!

28
October

ZBURHサーフボード Factory 動画

ZBURHサーフボード、メイドインジャパンのハイクウォリティーなサーフボードが創られる全工程を編集した動画です。

メインシェイパー森井誠一が100%ハンドメイドにこだわり、まっさらなブランクスからハンドシェイプにてボードを削り上げるシーンは必見。

熟練された職人達による様々なレジンカラーを使ったレジンアートなどのラミネートシーン、最終工程でありシェイプの仕上がりにとても重要なサンディングシーン、ボード創りのほぼ全工程を収録した動画となっています。

サーフボードがどのようにして創られるのか、一本のボードにどれだけの手間がかかっているのか、どれだけの職人達がたずさわっているのかなど、ご覧いただけると思います。

一本一本丁寧に手間隙かけ全工程をハンドメイドで仕上げる100%ハンドメイドにこだわる職人魂がこもったサーフボード。ハイクウォリティーで最高な仕上がりの自分だけの一本をカスタムオーダーしてみてはいかがでしょうか。

ハワイアンシェイパーCarl Schaperのサーフボードもこのジャパンメイドとなっています。シェイプはもちろん細かなカラーのオーダーまでをハイクウォリティーのジャパンクウォリティーで仕上げますので、こだわりのカスタムオーダーもお待ちしております。

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13